それは汚れ? それともカビ? 外壁の黒ズミに注意!

 

こんにちは。

新潟市で外壁・屋根を中心に塗装全般を手掛ける加藤塗装です。

 

梅雨時に何と言っても悩ましいのが、カビの存在です。カビはキッチンや浴室などの水まわりだけではなく、外壁にも繁殖します。繁殖の条件は、気温25℃〜30℃と60%以上の湿度。屋内では除湿機で湿度を抑えられても、家の外では同じようにはいきません。



カビは放っておくと、建物の美観を損なうだけでなく、塗料の性能も低下させてしまいます。

外壁に黒ズミが生じていたら、それは汚れではなくカビの可能性も。梅雨時に一気に繁殖してしまう可能性があるので要注意です。カビ対策としては、高圧洗浄のほか、薬剤による殺菌、防カビ効果が高い塗料の塗布などが挙げられます。


 

カビは外壁の深いところまで根を張っていると、一見キレイになってもまたすぐに繁殖してしまうので、早期対策がいちばん。

加藤塗装は地元新潟で長い業歴を誇り、外装の状態を診断する「目利き」としての実績も十分です。少しでも気になることがございましたら、加藤塗装までお気軽にご相談ください。

 

<加藤塗装へのお問い合わせはこちら>

TEL. 0256-78-8568

https://kato-toso.jp/contact