屋根・外壁の塗り替え工事、実はこんなことをしています

 

こんにちは。

新潟市で外壁・屋根を中心に塗装全般を手掛けている加藤塗装です。


屋根・外壁塗装の工事は、表面が剥げてきた塗装(塗膜)を塗り直すことで、屋根材や壁材の劣化を抑え、住まいを長持ちさせる工事です。雨漏りを未然に防いだり、建物の保護をしたり、外観をきれいにしたりすることができます。


今回の記事ではその塗装工事の、見積もりから工事終了までの流れを説明していきます。工事の依頼をする前に工程を把握しておけば、工事業者との万が一のトラブルも防げるかもしれません。ぜひご一読されてみてください。


■見積りから契約まで

屋根・外壁塗装の工事は、工事が始まる前に業者とのやり取りがいくつかあります。

主な流れは以下のようになっています。たいていの業者であれば、以下の4つのやり取りでは費用が掛かりません。

1.見積もり依頼

2.業者の調査・診断

3.見積書の確認

4.契約成立




■足場・養生など、塗装の前準備

契約が成立するといよいよ工事が始まります。塗装の前にもいろいろな下準備がありますので、その流れを確認していきましょう。


工事前:着工のあいさつ

近所へ塗装工事を行うことを知らせ、挨拶をします。

外装の塗装工事では基本的に大きな音は出ませんが、少なからず塗料が独特のにおいを発したり、万が一の塗料の飛散などの可能性もあります。これがご近所トラブルのもとになってしまう恐れもあるので、この工事挨拶は非常に重要となります。また挨拶も隣接するご近所だけでなく、もうひとまわり広い範囲に行っておくのもトラブルを未然に防ぐコツでもあります。


ほとんどの業者が説明資料や配布用のタオルなどを用意し、主導的に挨拶に行きますので、依頼主側としては、時間のあるときに付いていくような感じでも大丈夫です。



1日目:足場とシートの設置

職人さんが安全に、かつ効率よく作業をするために足場を設置します。これと同時に、塗料飛散防止のためのメッシュシートを取り付けます。近くに駐車場がある場合は、持ち主に承諾のうえ、車にも透明なビニールカバーをかけて保護をします。



2日目:高圧洗浄

汚れやコケ、カビなどのほか、劣化した塗膜などもきれいに落とす作業です。



3~4日目:乾燥

塗料がしっかりなじむように、洗浄後は48時間ほど乾燥させます。


5日目:下地調整・養生

これは、実際に塗装を始める前の大切な準備作業です。

下地調整は、塗料を塗りやすく、なじみやすいようにするためのものですが、ひび割れ、コーキングの打ち直し、さび部分のケレン、コンクリート・モルタルの修繕を行ったりして、外装材を補修する作業も含まれます。


養生は、塗料がついてはいけないところをテープやシートで被う作業で、窓やドアだけでなく、エアコンの室外機などに対しても行います。



■いよいよ塗装へ!

いよいよ塗装が開始されます。

工程は、下塗り、中塗り、上塗りの3段階となっています。3段階に分けて塗ることにより、外壁の保護を塗料によって強めることができます。


6日目:下塗り

下塗りは、色や保護の役割がある上塗り塗料を、しっかりと下地になじませる(食いつかせる)ための作業です。下塗り剤の色は透明や白色が多く、仕上げ用の色とは異なります。この段階ではまだご希望の色にはなっていませんのでご注意ください。


なお下塗りで塗る塗料は、屋根や外壁の状態に対応した種類があり、適した下塗り塗料を選ぶことが、上塗り塗料を長持ちさせるために重要です。



7日目:中塗り

中塗りは、上塗りの1回目とも言われ、上塗り塗料と同じ塗料を用いることが多いです。この段階でようやく、希望の色に塗られますが、乾いて色が落ち着くまでは、見た目が濃色になることが多くあります。



また塗料が乾くまでの間は、付帯部(軒天、雨樋、雨戸・戸袋、破風板、鼻隠し、笠木、水切りなど)といった細かい部分の塗装工事も並行して行います。



8日目:上塗り

メインの塗料を塗っていく作業です。

最後の仕上げとなりますので、ムラなく丁寧に塗っていきます。


9日目:養生の撤去・確認

養生で設置したシートを撤去します。この時、塗り残しがないか業者と依頼者が一緒に確認していきます。

確認作業は、後からトラブルにならないよう念入りに確認しましょう。足場を撤去した後になると余分にお金や時間がかかってしまいます。


10日目:足場解体・掃除

足場やシートを撤去し、工事に使った道具を片付ける作業です。

この時、新しく塗装された家の全体像を初めて見ることができます。



工事後:引き渡し・挨拶

工事後、問題がなければ引き渡しとなります。その後、近所の方々に工事終了のあいさつを行いましょう。


■まとめ

以上が、外壁塗装の工事の流れでした!

この塗装工事の期間は天候にもよりますが、およそ2、3週間程度で終わることがほとんどです。


私たち加藤塗装はひと現場ひと現場を丁寧に、礼節をもって真摯に取り組む姿勢が地域の皆様に高く評価され、ここ新潟で末永くお仕事を続けさせていただいております。

屋根・外壁でお困りのことがあれば、どうぞお気軽にご質問・ご相談ください。


住まいの外装塗装をお考えの方は、ぜひ加藤塗装に安心してお任せください!


<加藤塗装へのお問い合わせはこちら>

TEL. 0256-78-8568

https://kato-toso.jp/contact