屋根塗装工事

お住まいを守る屋根塗装工事は加藤塗装にお任せを!

屋根塗装

Roof painting

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

お住まいを守り、彩る屋根塗装

劣化スピードの早さに要注意!
常に紫外線や風雨などに晒されている屋根は、お住まいの中でも特に過酷な環境のため、劣化スピードが早い場所です。しかし、場所的に日常生活ではその劣化状況に気づきにくく、雨漏りが発生してはじめて劣化に気づくケースも珍しくありません。雨漏りの修理は、塗り替え以上の補修費用がかかってしまいますので、そうなる前に定期的な点検と適切なタイミングでの塗り替え工事を行ないましょう。
項目を追加

お住まいの安心・安全を維持するために

To maintain your security and safety
雨漏り等のない安心・安全な住環境を維持するためには、適切な状態を保った屋根塗装の存在が欠かせません。新潟市の加藤塗装が、劣化状況に合わせた最適な屋根塗装工事をご提供しますので、お気軽にご相談ください。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

屋根塗装の必要性

屋根塗装は紫外線や風雨の影響から屋根材を守り、お住まいを快適な環境に保つ役割を担っています。塗装には防水機能も備えられており、雨水が建物内に浸入することを防ぐ意味でも必要不可欠です。また、屋根が建物全体に与える印象はことのほか大きく、色褪せや変色などの劣化によって、お住まいの印象が悪くなってしまうことも。美観性と快適性を維持するための大切な存在が屋根塗装です。
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

屋根塗装をしないとどうなるのか

屋根塗装の塗り替えをしないまま放置しておくと、防水性が失われ雨水の浸入を許してしまいます。屋根材に浸入した水分は、さらに建物内部にまで入り込むため要注意です。屋根の状態は意外と気づきにくく、しっかりと点検や補修を行なっていないと雨漏りの発生にも繋がります。屋根の状態に関してご不安をお感じの際は、お気軽に加藤塗装までご相談ください。地元業者ならではのスピーディーかつ細やかな対応で、状態の診断からご提案、施工までしっかりとサポートいたします。
項目を追加

屋根塗装の作業工程

Work process of roof painting
こちらでは屋根塗装の作業工程をご紹介しております。現場の状況や施工内容によっても異なりますが、概ね下記の流れに沿って塗装工事を進めていきますので、ご依頼の際にはぜひご参考になさってください。
タイトルが入ります。
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
足場仮設・養生
屋根塗装工事は高所作業ですので、安全に作業を行なうための足場仮設から開始します。また、余分な箇所に塗料が飛び散らぬよう、シートで養生を行ないます。
高圧洗浄
屋根の表面に付着している、カビやコケなどを高圧洗浄機で除去します。汚れが残っていると塗装の仕上がりに支障が出るため、徹底的に丁寧な洗浄が必要です。
下地補修
屋根にひび割れなどがある場合は、モルタルやコーキング材などで補修を行ないます。鉄部のサビ等は、ケレン作業を行なって下地を調整しなくてはなりません。
下塗り
上塗りの塗料をしっかりと密着させるために、専用の下塗り材を塗布します。最終的には見えなくなる部分ですが、妥協することなく丁寧な塗装を徹底します。
縁切り
屋根材の重なる部分に、隙間を空けるための縁切り作業です。縁切りを行なっておくことで適度な通気性を確保し、屋根材の腐食を予防することができます。
中塗り
中塗り作業です。ローラーや刷毛などを使用して、細部分まで丁寧に塗料を塗っていきます。最終的な上塗りの品質にも繋がるため、一切手抜きは許されません。
上塗り
上塗りは中塗りと同じ塗料で行ないます。職人の腕が問われる塗装の仕上げです。1つひとつの作業を慎重・丁寧に、とことん高品質の仕上がりを追求します。
お引き渡し
塗装作業を終えたら塗り残し等のチェックを行ない、問題がなければ足場の解体を行ないます。お客様にも塗装箇所をご確認いただいた上でお引き渡しです。
項目を追加

Contact

お問い合わせ
お問い合わせは24時間受付のコンタクトフォーム・お電話・メールにて承っております。
小さなご質問からでも構いませんので、なんでもお気軽にご相談ください。
固定電話に出なかった際は、お手数をおかけしますが携帯までお願いします。
FAX:0256-88-3317