家の寿命を縮めかねない外壁のトラブルを防ぐ!

 


こんにちは。

新潟市で外壁塗装・屋根塗装を手掛ける加藤塗装です。


一般に戸建住宅や店舗の外壁塗装のサイクルは10年が目安とされています。ただ日のあたり具合や雨・風雪の影響、また下地や外壁の材料によっては、もっと早く劣化が進んでしまうことも。

木の外壁の場合は、木や塗料の種類にもよりますが、まず家を建ててからは2〜3年後、それからはおおよそ3年〜7年ごとに定期的な塗り替えが推奨されています。


外壁塗装が劣化して外壁が傷むと、目に見えないところでさまざまなトラブルが起きてしまいます。ほんのわずかな亀裂でも、雨風は吹き込んできてしまいます。家を支える構造材が腐朽すると、リフォームでは対処しきれないという事態にも。



間違いがないのは、地元の気候を知り尽くしたプロによる定期的な診断。

加藤塗装は長く地元新潟を拠点としており、塗装の技術はもちろん、外装の状態を診断する「目利き」としての実績も十分です。

外壁や屋根の塗装でお困りごとがございましたら、加藤塗装までお気軽にご相談ください。


<加藤塗装へのお問い合わせはこちら>

TEL. 0256-78-8568

http://kato-toso.jp/contact