安い塗料のデメリットを知って、賢い外壁塗装を行ないましょう!

 


こんにちは。

新潟市で外壁塗装・屋根塗装を手掛ける加藤塗装です。


外壁塗装をするにはそれなりの費用が必要となります。そのため、「できるだけ費用を抑えたい」ということで安い塗料で済ませたいと思う人は少なくないと思います。


しかし「安い」というのはそれなりの理由があるもので、もしも安くて高い塗料と同じ効果が得られる塗料が存在すれば、誰もがそちらを利用する訳で、大手塗料メーカーの製品ラインアップがすべて刷新されるほどの「業界を揺るがしかねないおおごと」になるはずです。

つまり、「そんなに旨い話はない」と現実に立ち戻って、安いものは安いなりの品質しかないということを良く知っておく必要があります。



では具体的に、安い塗料ではどんなことが発生するのでしょうか?

まず耐用年数が短いものが多いので、その時は安く済ませることができたとしても、結局は数年おきに塗り直す必要があり、10年、20年といった長期で見れば安い塗料の方が高くついてしまうことがあります。


また、費用の面で長期的に見てもそれほど変わらないとしたとしても、塗り直しの頻度が増えるということは塗装工事期間中不便な生活を強いられるわけですから、そのような部分でマイナスとなってしまうことも考慮にいれたほうが良いでしょう。


そのため、数年以内に全面的な建て直しや改修を予定されているのでなければ、安さよりも質を重視した方がトータルではお得と言えます。


なお加藤塗装では、塗料の性能や耐用年数、そしてお客様の資金計画・ご要望をしっかりと考慮しながら、最適な塗料の提案をさせていただいております。

ご家庭ごとのライフスタイルを考慮しながら、資金面でも無理のない塗装工事で、快適で安心できる住まいを維持しましょう!


<加藤塗装へのお問い合わせはこちら>

TEL. 0256-78-8568

http://kato-toso.jp/contact