値段で塗装工事を選んではいけない3つの理由

 

こんにちは!

新潟市で外壁・屋根塗装を承っている加藤塗装です。


夏が終わり、もうじき実りの秋ですね!

秋といえば過ごしやすい気候で、塗装工事にも最適な季節。

おそらくたくさんのチラシがポストに入っていることと思います。




でも、たくさんチラシを入れられても、一体どこに頼めば良いのか迷ってしまいますよね?

そこで、もし業者を「値段」で選ぼうとしているなら、それはあまりおすすめできません。

その理由を3つほどご紹介します。


1:仕入れ原価は、どの業者でもあまり変わりません。


塗料の仕入れ値は、業界でほぼ同じです。

そのため、値引きした分は少額であれば利益から削れますが、大幅に値引をする場合は何かしらの工程を抜く、原料を薄める、他の安い塗料にすり替えるなどの危険があります。


2:人工代も、ほぼ業界内で同じです。

職人の人工代(日当)も、ほとんど同じです。

見積りで人工代が低い、値引きになっている場合は、未経験に近いアルバイトを雇って工事をしている可能性もあります。


3:足場代もそれなりにかかります

一般的な2階建て木造住宅の足場を組む場合、鳶職人は最低でも組立て時に2人、解体時に2人の4人工は必要です。

このほか足場資材の運搬・搬入・搬出費、自社所有であれば保管費なども掛かります。

「近くで塗装工事をしているから」「キャンペーンで」などの理由をつけて足場代を無料にしているなら、その費用をどこかに振り分けていることになります。


このように、実際の原価はどの業者でもほとんど変わりません。

逆に言えば、安い場合はそれなりの理由があるのです。




「チラシの価格が安かったからお願いしたけど、結局は他の業者と変わらなかった。という声も多く聞きます。

ぜひ価格だけに惑わされず、賢い業者選びをしましょう!


<加藤塗装へのお問い合わせはこちら>

TEL.
0256-88-3278

http://kato-toso.jp/contact