外壁塗装のDIYをお勧めしない理由

 

こんにちは!


新潟市で外壁・屋根塗装を承っている加藤塗装です。



今回は、ごく一部で話題になっている「外装塗装のDIY」について取り上げたいと思います。



最初から結論を言ってしまうと、ズバリ「おすすめはできません!



その理由を、3つほど解説したいと思います。


理由その1▼足場



足場は作業のしやすさを左右するばかりか、作業者の命にも関わる重要なものです。

また足場には塗料が飛散するのを防止するシートを掛けたり、場合によっては近隣の車に透明なカバーを掛けるといった気遣いも大切です。

これらは揃えるだけでも大変で、しかも1人で作業をするとなると期間も最低で3ヶ月ぐらいはかかります。

これらのリース代や購入費を考えると、逆にコストが高くなってしまいます。




理由その2▼道具


塗装工事では、かなり多くの道具を使用します。

高圧洗浄器、はかり、大量のバケツ、大量の養生テープと養生シート、ローラー、刷毛…、あげたらキリがないほどです。

おそらく、軽ワゴン車1台分の量になると思いますが、この道具を揃えるコストだけでもかなり掛かってしまいます。




理由その3▼技術



塗装は、何年もの現場を重ねて習得できる技術です。

色むらなどは必ず出てしまいますし、本来は下地のほか気温や湿度によっても材料や配合を変える必要がありますので、やはりノウハウがない分、妥協した仕上がりになってしまいます。

また先日のブログでご紹介しましたように、塗装は下地処理が重要です。

クラックや剥離などの下地の状態を正しく判断し、補修ができないと、建物を傷める原因にもなってしまいます。




「安く済まそう」と思ってやってみると、逆にコストが掛かってしまうのがDIYです。


最悪の場合は命にも関わりますので、外装塗装は、ぜひプロにお任せください!




<加藤塗装へのお問い合わせはこちら>


TEL. 0256-78-8568

http://kato-toso.jp/contact